MENUCLOSE

LPガス

災害が発生したら(地震・火災・洪水)


地震が発生したら

まず、ご自分の安全を確保してください。ガスの使用中はすぐに火を止めます。揺れが収まったらガス栓を全て閉め、ガス臭がしないかご確認ください。

異常のない場合

安全が確認できましたらガス栓を元に戻してください。

異常のある場合

当社までお問合せください。

マイコンメーターは安全のために遮断することがあります。詳しくは「マイコンメーターの復帰方法」をご覧ください。
ゆれが大きかったときは、二次災害防止のため戸外の容器バルブも閉めておいてください。当社社員が順次点検を行います。

LPガス地震対策マニュアル

最近大きな地震が続いています。揺れによる家屋の倒壊、火災をはじめとする二次災害…。被害を少なくするためには、どうしたらいいでしょうか?
地震が発生すると、ガスメーターは地震の揺れを感知して自動的にガスを止めるようにできていますが、日頃からの備えとして、次のようなことにも気を配っておくと安心です。

●1.栓の閉め方を覚えておく

栓、メーターガス栓、容器バルブ等の閉め方を覚え、練習しておきましょう。メーターガス栓など、家の外に設置されているものは、その場所を確認しておくことも必要です。

※位置の確認などご不明な点は、お近くの当社社員にお問い合わせください。


●2.ガスまわりにものを置かない

ガスコンロやガス機器などのまわりに、日頃から燃えやすいものを置いておかないように心掛けましょう。 火を使っていないときほど、置かないくせをつけることが大切です。


ガス安全チェックシート

安心・安全にガスをお使いいただくために。□にチェックしましょう。

1.使用時に守ってもらいたいこと

□室内で燃焼機器を使用するときは必ず換気をしている
□古い機種のガス燃焼機器を使用していない
□立ち消えや不完全燃焼を察知して、自動的に消化する安全機能燃焼機を使用している
□暖房シーズン前には機器の点検をしている

小型湯沸器のチェック項目

□風呂・洗濯・シャワー用には使用していない

2.こんな症状は出ていませんか?

□使用中(点火15~30秒後)に途中で火が消えることがある
□吸気口にホコリや油などが詰まっている
□フードの上にススがたまっている
□異臭がしたり、目にしみたりする
□炎の色が赤い

金網ストーブのチェック項目

□金網が変形・破損している
□ススが出る
□使用中、赤熱ムラができる
□イヤな臭いがする

※上記の症状が一つでも当てはまる場合は、すぐに使用を中止してください。


火災警報器・消火器の設置と点検を

地震でもっとも被害を出すといわれるのが火災。普段からの備えとして、火災警報機と消火器を設置しておき、定期的な点検を心掛けましょう。また消火器の場合、使わざるをえないときに古くなって使えなくなっていることもあります。消火器は5年が交換時期の目安といわれています。時期をみて交換しましょう。


火災が発生したら

容器バルブを閉め、消防署員などに容器の位置を知らせ、後の処理を頼んでください。


洪水が発生したら

容器バルブを閉め、容器が倒れたり流されりしないか、しっかりと固定されているかを確かめてください。